さねかづら | Font design
私はもとより古典文学のかな文字というものに興味がありました。 一定のトーンで揃っているように見えるものの一文字ずつ凝視すると決して揃っているようには見えない文字に憧れがありました。 今回のかな文字の制作では不変的な美のイメージとして百人一首のかな文字と資生堂書体を参考にしました。 始筆終筆などは共通にし、その一定のイメージを保ちつつも一文字ずつに趣があるようなかな文字を制作しました。
Font Design - Graphic Design
2019.11
AD:Tomoki Yako
Phto:Tomoki Yako
©Tomoki Yako 2019